品質保証について

mojica(モジカ)では、即納プランを含むすべてのご依頼案件につきまして、文字起こし担当者による原稿(一次原稿)を、品質保証担当者(校正者)が音声全時間との照合を行った上で納品しております。校正者は、音声データと一次原稿を照合し、起こし漏れや、似たような別表現への書き換えが行われていないかどうかなどを厳しくチェックし、素材としての信頼性の高い文字起こしデータを納品いたします。

 

万一、弊社の責による文字起こしの不備があった場合には、速やかに該当箇所を修正または全体を再作業した上であらためて納品いたします。お手数ですがご一報いただければ幸いです。

 

*ただし品質は録音状態に大きく左右されます。録音状態が不鮮明な場合、品質は保証いたしかねます。

音声照合付き校正のメリット

文字起こし会社のダブルチェック(校正)には、

・文字起こし原稿を校正担当者が読んで誤字・脱字等を修正する素読み校正

 ⇒音声との照合作業は基本的に行いません。

・文字起こし原稿と音声全時間を照合しながら校正作業を行う音声照合付き校正

 ⇒全時間にわたり、音声と原稿を照合します。

の2種類があります。

 

mojica(モジカ)の文字起こしサービスでは、全プランで後者の音声照合付き校正を行った上で納品いたします。

素読み校正と音声照合付き校正の比較は下記の通りです。

 

校正・校閲項目  素読み校正  音声照合付き校正

誤字・脱字のチェック

固有名詞の表記確認
起こし漏れの確認 ×
聞き間違いの確認 ×
話者振り分けの確認 ×
発言通りのニュアンスで起こされているかどうか ×
短い間隔でのタイムコード挿入 ×

 

素読み校正は活字原稿の校正では非常に有用な手法です。しかし文字起こし原稿の校正手法としては、誤字・脱字、固有名詞のチェック以外は対応できず、信頼に値する品質を保つことができません。校正面以外にも、校正担当者が再度聴取することで、ライターが聞き取れなかった箇所の文字起こしが可能になるケースも多く、全体的な品質が向上するというメリットもあります。

 

mojica(モジカ)では、高い精度の文字起こし原稿を納品することが、お客様の業務効率向上にダイレクトにつながると考えています。このためすべてのご依頼案件で音声照合付き校正を採用しています。

文字起こし(書き起こし)の仕方について

◎ケバ取り

最も基本的な文字起こし方法です。発言の趣旨を損なわない範囲で、言いよどみや、意味を持たない冗長表現、重複する発言、言い間違いなどを取り除きます。話者の口調は原則としてそのまま残します。あらゆる用途にお使いいただけるため、ご指定がない場合はケバ取りで起こします。

⇒講演、原稿制作(特にインタビュー原稿や対談・座談会原稿)、シナリオ制作をはじめとするクリエイティブの素材に、適しています。

 


◎整文

ケバ取りに加え、助詞の用法(文法的な誤り)の修正、極端な倒置や修飾・被修飾関係の修正を行うことで、より読みやすい文章に文字起こしします。ただし話者の口調・個性は、ケバ取りに比べて薄れます。

⇒講演・講義録、議事録、会議録、マーケティングの面談調査など、内容把握を重視する場合に向く起こし方です。

⇒全面的にくだけた口語調の場合や、方言が多い場合、録音不鮮明な場合は、整文処理は承れません。ケバ取りでの文字起こしになります。

 


◎逐語起こし(素起こし)

言いよどみなども含め、すべての発言を聞き取れた通りに文字起こしします(ただし発言に重なる相づちは起こしません)。主に裁判用途向けの起こし方です。

*逐語起こしは、料金が10%割増になります。

 


文字起こしの処理の違い(早見表)

起こし方によるテキスト(文字起こし原稿)の違いは、下記の通りになります。

(◎⇒原則行います、△⇒ご要望により行います、×⇒原則行いません)

 

なお、起こし方はケバ取り~整文の間でカスタマイズ(無料)できますので、遠慮なくお申しつけください。

  • 「あの」や「ええと」のみを取り除いて、ほかはできるだけ忠実に文字起こししてほしい
  • ケバ取りに加えて、倒置関係のおかしなところは修正してほしい。

などのご要望を承っております。

 

 処理/起こし方  逐 語 

標準ー

ケバ取り

整 文 

言いよどみ(あの・ええと等)の削除 ×
重複発言の削除 ×

言い間違えた語句の削除 ×

意味を持たない冗長表現の削除 ×

発言の間ではなく、意味に基づき読点を挿入

意味のまとまりにより適宜改段

表記の統一
固有名詞の正確性チェック
聴取不可部分へのタイムコード挿入
方言の修正 × × ×
助詞を正しい用法に修正 ×
「ら」抜き表現、「い」抜き表現の修正 ×
極端な倒置の修正
×
分かりづらい修飾・被修飾関係の整理
×
省略された助詞を加筆
×
極端な話し言葉は、書き言葉に改める × × ×
省略された名詞等の加筆 × × ×
1文が長すぎる文章の分割 × ×
適切な接続詞の挿入 × ×
「ですます」調を「である」調に × ※1 ※1
よりふさわしい別の語句への差し替え × × ×
代名詞を適切な名詞に差し替え × × ×
明らかな言い間違い語句を正しい語句に修正 × × ×
意味の通りづらい文章の整理 × × ×
プロットの入れ替え × × ×
見出しの作成 × × ×
お客さまによる校正の修正 ※2 × ×
PDFでの納品
指定書式での納品 ※3 ※3 ※3

 

 

※1 10%割増料金にて承ります。

※2 50%割増料金にて承ります。

※3 プラス1000円にて承ります。

◆ サイトマップ

トップページ

ご利用の流れ

実績と運営会社

起こし方と品質

秘密保持について

よくあるご質問

キャンペーン

 

料金表(PDFダウンロード)

 

特定商取引法に基づく表記

 

スタッフ募集

  正社員も若干名を募集しています!

 

スクリプトLLC mojica事業部

東京都中野区新井5-29-1

西武信用金庫新井薬師ビル507

問い合わせ先:03-5942-7621

担当:鶴田・斉藤・佐々木

平日10時00分~19時00分

土日祝10時00分~17時00分

info@mojica.jp

*営業時間内のお見積もり・お問い合わせは通常60分以内にご返信いたします。

*上記送信フォームは、フォームズのSSL対応サービスを利用しています。


文字起こしサービスのお問い合わせは03-5942-7621
担当:鶴田・斉藤
ファイル送信ページリンク

※パスワードは、

info@mojica.jpまでお問い合わせください。